WEBチャットシステムの口コミ・評判 > チャットシステム一覧 > 個人対応向けチャットシステム「Chatclerk(チャットクラーク)」とは?

個人対応向けチャットシステム「Chatclerk(チャットクラーク)」とは?

チャットシステムおすすめ3社


主に、ビジネス用のチャットシステムは、企業を対象に展開されていることが一般的です。
今回は、個人で対応しなければならないサービスやサイトの運営に役立つチャットシステム「Chatclerk(チャットクラーク)」をご紹介していきます。

Chatclerk(チャットクラーク)とは?

Chatclerk(チャットクラーク)は、個人対応向けチャットとして活用されているチャットシステムです。
このシステムを利用することで、不在時にユーザーからのメッセージを受け取り、手が空いたときに返信することが可能になります。
さらに、不在時にも自動でメッセージを送信したり、ユーザーが改めて訪問したときに返信を閲覧したりすることも可能。
個人で運営しているサイトやサービスで、どうしてもコールセンターのような体制を整えるのが難しいという場合にも、充実した問い合わせ対応を実現しやすくなります。

個人でネットショップ運営やアプリ開発をする人におすすめ

今、インターネット上のサービスを利用すれば、個人でネットショップの店舗を持つことも決して難しくありません。
こうした、個人単位でのビジネスに対するハードルが下がっている現代だからこそ、個人の業務をサポートしてくれるチャットシステムは、非常に便利な存在です。
また、ネットショップに限らず、例えば新しいアプリケーションやシステムを個人で開発しているエンジニアにも有効です。
ユーザーの問い合わせに素早く丁寧に返信することは、ユーザー満足度向上に大きな効果を期待できます。

副業をするときにもおすすめ

ネットショップも場合も、アプリ・システム開発の場合も、本業として取り組んでいる場合であれば、対応可能な時間もおのずと増えるものです。
一方で、いくつかの業務を兼業している場合や、副業として個人単位で行っている場合には、どうしても空いた時間を使いながら対応するしかなくなってしまいます。
ユーザーにとって、そうした運営側の事情は見えないものですから、本業であろうと副業であろうと「まだ問い合わせの返信が来ない!」という経験は悪い印象に結びついてしまいます。
個人で行っている副業で、時間も確保できずサービス体制も整っていないというときには、チャットシステムをうまく活用しましょう。

まとめ

チャットシステムを導入することにより「丁寧」「親切」という印象を与えることは、とても大切なポイントです。
個人運営の場合も、ユーザーの信頼を勝ち取るため積極的に活用を検討してみましょう。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。