W h a t i s c h a t s y s t e m
初めてのWEBチャットシステム

近年、増え続けている便利なWEBシステムの中でも、特に注目が高まっているのが「チャットシステム」です。

チャットシステムの詳細・使い方が分からない人は、この機会にぜひチェックしてみましょう。

「チャットシステム」とはどんなもの?

チャットシステムは、企業ホームページやWEBサービスに導入される、チャット型のお問い合わせフォームです。

ホームページやサービスページ内に表示され、ユーザーがテキストボックスに問い合わせたい内容を書き込むことができます。

ユーザーの書き込みに対し、リアルタイムでオペレーターからの返信があり、やりとりが可能。

人工知能が採用されていないチャットが現状は多いです。
チャットシステムとは?今、知っておきたいITツールの使い方

チャットシステムには、どのようなメリットがある?

メールや、お問い合わせフォームを介したコンタクトとの何よりの違いはスピーディーな対応力です。

リアルタイムでやりとりできるというチャットならではの魅力を活かし、顧客の意見や悩みを素早く解決に導くことができます。

電話での対応と違い、ユーザーが自分の考えを整理しながら文章を打ち込み、やりとりできるのも特徴です。

画像やURL、スクリーンショットなどもリアルタイムで共有できます。

チャットシステムの具体的な活用例

例えば、中古車買取サイトを閲覧していたユーザーが「自分の車がおおむねいくらくらいで買い取ってもらえるのか知りたい」と感じたとします。

メールやお問合せフォームに、型式、走行距離、購入時期など必要な情報をもらさず、逐一打ち込んでいくのは、楽な作業ではありません。

何より、企業側の担当者がメールを確認し、返信するまでには時間がかかってしまいます。

かと言って、車種や年式などを選択するだけの査定ツールを利用しただけでは、キズの有無や過去の修理歴などによる細かな条件の差を反映しきれないこともあります。

チャットシステムなら、リアルタイムのやりとりの中で求められる情報を伝え、素早く車の価値を判断することができます。


チャットシステムについて、具体的な働きやメリットがイメージできたでしょうか?

ユーザーに寄り添ったサービスを実現する上で、チャットシステムをうまく活用してみましょう。

F o r f i r s t i n t r o d u c t i o n o f c h a t s y s t e m
初めてチャットシステムを導入する方へ

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。