WEBチャットシステムの口コミ・評判・比較 > チャットシステム一覧 > 「WhatsApp」が企業向けサービス開始!魅力的な機能は?

「WhatsApp」が企業向けサービス開始!魅力的な機能は?


全世界で順調にユーザーを増やしているWhatsAppが、新たに企業向けのサービスを展開し話題を集めています。
ビジネスシーンで活用したいWhatsAppの特徴について、ご紹介していきます。

WhatsAppとは?

アメリカに拠点を構えるWhatsApp社は、無料のコミュニケーションアプリ「WhatsApp Messenger」を展開しています。
公式サイトによれば、180カ国以上、10億人以上のユーザーを保有し、全世界の人と気軽につながることができます。
2009年5月からサービスを開始したWhatsAppは、2014年2月には同じくアメリカに拠点を構えるFacebook社に買収され、現在は個人ユーザーをメインターゲットにサービスを展開しています。
そんなWhatsAppが、今後は個人ユーザーだけでなく企業も効率的にサービスを利用できるように、新たなサービスを提供する計画を進行していることを発表しました。

WhatsAppの企業向けサービスの特徴は?

プライベートでWhatsAppを多く活用している人の場合、ビジネスで慣れ親しんだサービスを活用することは、作業効率化に役立ちます。
さらに、WhatsAppではPDFなどのファイルを共有できるため、企業内やチーム内でスムーズな情報のやりとりが叶います。
その上、無料でビデオ通話が使用できることもビジネスにWhatsAppを利用する大きな魅力の一つです。
これまで「FaceTime」や「Skype」などの機能を使用していたユーザーも、より効率的な作業を叶えるきっかけになりそうです。

WhatsAppの企業向けサービスで課金も計画

FacebookやTwitterでは、企業やタレントの公式アカウントには「確認済み」であることを証明するバッジが導入されています。
WhatsAppでも同様に、確認がとれた公式アカウントには緑色のバッジをつけるなど、セキュリティや機能面でも充実したサービスを展開する予定なのだとか。
今後はさらに企業向けの課金システムなども導入する予定とのことです。
近い将来、企業にとって見逃せないシステムとしてさらに幅広い層に利用されていくのかもしれません。

まとめ

近い将来、企業の作業効率化やサービス向上にWhatsAppが欠かせない存在となるかもしれません。
今後、さらに変化していきそうなWhatsAppのサービス内容を、逃さずキャッチしましょう。

関連記事

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

導入実績企業
・イオン
・リコー
・センチュリー21
・フルキャスト
・プレミアムウォーター
・フジテレビオンデマンド など
sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

導入実績企業
※導入実績の紹介なし
AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

導入実績企業
・再春館製薬所
・東京スター銀行
・モンテローザ
・千趣会 など
スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。