WEBチャットシステムの口コミ・評判 > 初めての方へ > ECサイトがAIを導入してマーケティングオートメーションを行う2つのメリット

ECサイトがAIを導入してマーケティングオートメーションを行う2つのメリット


マーケティングオートメーションとはマーケティングに関する一連の業務をオートメーション化して行う事を言います。

今まで集客、販売促進、顧客管理などの業務を人によって行われてきましたが、ここ数年でECサイトなどで活用されていて業務の効率が良くなっています。

それにより幅広い事業展開をする事が出来るようになっています。

最近ではECサイトでAIを導入してマーケティングオートメーションが行われていますが、実際にどのようなメリットがあるのか気になるところでもあるでしょう。

そこでECサイトがAIを導入してマーケティングオートメーションを行うメリットを挙げていく事にしましょう。

キャンペーンの効果がアップする

ECサイトではキャンペーンを実施して通常より安く商品を購入する事が出来たりしますが、多くの人に情報が伝わらなくてあまり効果が出ない事もよくありました。

それで売上が伸びなくて経営が苦しくなってしまう事もあります。

しかしAIを導入してマーケティングオートメーションを行う事でキャンペーンの情報がたくさんの人に伝わりやすくなるので売上を伸ばしていく事が出来ます。

それにより黒字経営をしていく事が出来るようになります。

キャンペーンの効果がアップするのがメリットになります。

コスト削減をする事が出来る

ECサイトを運営している時も人件費がかかっていたので売上が伸びないと赤字になってしまう事があります。

中には倒産してしまう事もあるので経営していくのに苦労しているECサイトも少なくないでしょう。

しかしAIを導入してマーケティングオートメーションを行うと人が働く必要がなくなるので人件費を削減していく事が出来ます。

それにより赤字になってしまった時もしっかり対応して立て直す事が出来るようになります。

最近ではコスト削減に力を入れているECサイトも増えてきているのでAIを導入してマーケティングオートメーションを行うようになってきています。

コスト削減をする事が出来るのもメリットと言えるでしょう。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

Zendesk Chat

サイト内での行動を可視化!

サイト訪問者の閲覧行動を取得し、受注確度の高い見込み顧客を見極めます。

参考価格
初期費用 お問い合わせ
月額費用 $14~$55

※プランによって異なる

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
Zendesk Chat
複数のデバイスを切り替えも1か所で対応可能!

サポートを必要としているカスタマーに対してリアルタイムでお待たせすることなくサポートできるので顧客満足度の向上につながります。
PC、タブレット、スマホなどカスタマーが複数のデバイスを切り替えても1か所で対応可能なので、一度に複数のチャットを処理できます。