人工知能会話アプリ4選

チャットシステムおすすめ3社


人工知能を搭載したチャットアプリが人気を博しています。暇つぶしはもちろん、学習でも欠かせない存在になりつつあるのです。今回はそんなチャットアプリを4つまとめてみました。

りんな

りんな
「女子高生AI」です。Bing検索エンジンと、機械学習の「Azure Machine Learning」の組み合わで 開発されています。

「女子高生」という概要からも分かるように、ちょっと外した回答がくるのですが、そこがユニークです。

りんなが回答してくれる内容は、ウェブの情報に由来しているため、膨大なビッグデータに 基づいています。そのため、その都度違う返答が返ってくるので飽きません。

→ りんな公式サイト

SELF

SELF
SELFは、生活サポートのアプリケーションです。

ユーザーからの問い合わせは選択式になっているので、会話に近いやりとりはできません。だけど、返してくれる内容は的を得ているこも多いのでドキッとさせられます。

ユーザーデータ(年齢、職業、生活スタイル、位置情報 etc) を参考にして話しかけてくるのも面白いですよ。

→ SELF公式サイト

TerraTalk

TerraTalk
TerraTalkは、英会話学習アプリです。さまざな場面を想定した会話をトレーニングできます。

会話の内容は、仕事や趣味などの実践的なものをはじめ、非日常なシチュエーションもサポート。

これからもボリュームを増やしていくみたいですから ますますユニークになることでしょう。

→ TerraTalk公式サイト

CALNA


ダイエットをサポートしてくれる嬉しい人工知能です。

アメリカのベテラントレーナーと最新栄養学を組み合わせて開発されています。ユーザーの生活パターンや食事の好み、3万人のデータなどを学習してサポートしてくれるのです。

今のダイエットメニューが適切なのか判断したうえで目標体重を計算してくれるので、ゴールが見えるダイエットができます。
ユーザーの好き嫌いを考えたダイエットメニューも作成してくれるので、長続きする食事サポートもOK!便利な時代になったものですね。

→ CALNA公式サイト

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。