WEBチャットシステムの口コミ・評判 > 初めての方へ > 仕事にはチャットツールが欠かせない

仕事にはチャットツールが欠かせない

チャットシステムおすすめ3社


仕事で電子メールを使う時代はもう古い…とまで言われています。
ここ最近のビジネスマンに必要不可欠なコミュニケーションツールと言えばチャットなのです。

ここでは仕事でもチャットを使うべき理由について考えてみましょう。

なぜチャットは遊びのツールとして見られがちである

私達は普段何種類ものコミュニケーションツールを使用しています。
ひと昔前までは、電話とファックスが主なツールであったのが現在では、スカイプ、フェイスブック、携帯電話、ツイッター、ラインなど様々なツールが登場しています。

チャットツールと聞くと、年配の方の中には遊びのツールというイメージが強いようです。
しかし現代のビジネス業界ではチャットツールは欠かせない、コミュニケーションツールに成長しているのです。

チャットをビジネスで使うとよい理由とは?

チャットツールのよいところと言えば、ずばりリアルタイムと答える側がタイミングを調整できるという点にあります。
チャット上で相手がオンラインの状態であれば、今連絡して大丈夫なんだ!とすぐに判断することができます。

電話などでは相手側の状態を知ることができませんので、この情報は非常に優れていると言えるでしょう。
特にグローバルな仕事の相手と連絡を取る場合には、時差などがあり、連絡しづらいのですが、チャットであればリアルタイムで連絡をすることが可能です。

さらにチャットツールのほとんどでは、既読や未読などを判断するための機能が備わっていますので、自分が送付したメッセージが開封されたかどうかを確認することができるのです。
ただ受け取った側の返信のタイミングは自分の都合で決めることができるので、答える側がタイミングを調整できるというメリットがあるのです。

チャットツールは電子メールよりも相手とのやり取りがスムーズにできますし、内容も分かりやすいです。
さらに誰でも気軽に使えるコミュニケーションツールになっているので、会社での意見交換の場としても重宝されています。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。