WEBチャットシステムの口コミ・評判 > 導入事例 > コールセンターソフトウェアの3つの働き

コールセンターソフトウェアの3つの働き

チャットシステムおすすめ3社


日本アバイアのコールセンターソフトウェアは世界で最も利用されていると言われているコンタクトセンターソリューションです。

日本だけでなくアメリカなど先進国でも導入している企業がたくさんあるので今後も需要が高まってくる事は間違いありません。

また今後は日本の企業もグローバルに展開していく事が多くなるので先進国とのやり取りも必要になってきます。

それでコールセンターソフトウェアを導入するようになってきますが、実際にどのような働きをしてくれるのか見ていく事にしましょう。

コンタクトセンターの効率を向上させてくれる

電子メールやSNSなどでやり取りをしていると効率が悪くなってしまう事もあるので事業に支障が出てしまう可能性もあります。

それで取引先との関係も悪化してしまう事もあります。

しかしコールセンターソフトウェアを導入すると低コストのカスタマーサービスチャネルが追加されるのでコール件数が少なくなります。

それで電子メールやSNSなどでやり取りする時に効率が良くなります。

コールセンターソフトウェアはコンタクトセンターの効率を向上させてくれる働きがあります。

コンタクトセンターのパフォーマンスを向上させてくれる

コールセンターソフトウェアはコンタクトセンターの効率だけでなくパフォーマンスを向上させてくれる働きもあります。

コールセンターソフトウェアを導入するとリアルタイムのレポートのデータを詳しく分析してくれるのでビジネスのニーズが変わった時などに素早く対応してくれます。

それでコンタクトセンターのパフォーマンスを向上するのでメリットに感じている企業も多いです。

いつでもリアルタイムでコミュニケーションする事が可能になる

勤務地から離れた場所にいる時はリアルタイムでコミニケーション取るのは難しいです。

それで仕事がスムーズにいかない事もあります。

しかしコールセンターソフトウェアを導入すると勤務地から離れた場所にいてもリアルタイムでコミュニケーションをする事が可能になります。

それで仕事がスムーズに進める事が出来るようになります。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。