WEBチャットシステムの口コミ・評判 > 導入事例 > テクニカルサポートで活躍!チャットシステムを導入するメリット

テクニカルサポートで活躍!チャットシステムを導入するメリット


チャットシステムを有効活用できる業界のひとつに「テクニカルサポート」があります。
作業の効率化や、経費削減にもつながっていくチャットシステムの利用方法をチェックしてみましょう。

テクニカルサポートにおける導入事例は?

テクニカルサポートでは、チャットシステムによる自動返信を利用することで、営業時間外でもスムーズな問い合わせ対応が叶えられます。
自動返信とは、ユーザーからのよくある問い合わせについてあらかじめQ&Aを用意し、ロボットに応えさせるシステムです。
こうした使い方は、ユーザーの質問内容がパターン化しており、ある程度特定しやすいテクニカルサポートだからこそ実現できます。
ロボットでは答えられないイレギュラーな質問の場合は、問い合わせフォームやその他のサービスへ誘導することで、精度の高い回答を叶えることもできます。

テクニカルサポートにおけるチャットシステムの活躍

チャットシステムは、電話よりも気軽でメールよりもスピーディな対応力が特徴です。
さらに近年では「ユーザーと顔を見ながらやりとりをしたい」「気持ちが伝わるような、フレンドリーな文面を送りたい」「スクリーンショットや画像を添付して、詳しい説明がしたい」などの要望に応える機能も増えています。
テレビ電話式のシステム、スタンプ送信が可能なシステム、各種ファイルの送信が可能なシステムなど、ニーズに合ったチャットシステムを探してみましょう。

チャットシステムがもたらすメリット

テクニカルサポートにチャットシステムを導入する最大のメリットは「顧客満足度のアップが期待できる」ということでしょう。
ユーザーによっては「テクニカルサポートを利用したいけれど、営業時間内にコンタクトがとれない」「問い合わせるのが億劫に感じられる」などの問題を抱えている場合があります。
LINEをはじめとした身近なツールとも連携しながら、気軽に扱えるチャットシステムは、ユーザーの悩みを素早く解決につなげられます。

まとめ

ユーザーの問い合わせ対応に特化したチャットシステムだからこそ、テクニカルサポートでは他業界以上の活躍が期待できます。
チャットシステムごとに料金や機能などの詳細は異なるので、よく比較した上で導入を検討してみましょう。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

Zendesk Chat

サイト内での行動を可視化!

サイト訪問者の閲覧行動を取得し、受注確度の高い見込み顧客を見極めます。

参考価格
初期費用 お問い合わせ
月額費用 $14~$55

※プランによって異なる

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
Zendesk Chat
複数のデバイスを切り替えも1か所で対応可能!

サポートを必要としているカスタマーに対してリアルタイムでお待たせすることなくサポートできるので顧客満足度の向上につながります。
PC、タブレット、スマホなどカスタマーが複数のデバイスを切り替えても1か所で対応可能なので、一度に複数のチャットを処理できます。