かんたんチャットの2つの特徴


何か問題が生じた時は電話などで問い合わせをするのが主流でしたが、最近ではチャットシステムを導入して対応している企業が増えてきています。

チャットシステムのツールもいろいろありますが、チャットシステムとオペレーターを合わせて利用する事が出来るかんたんチャットが人気となっています。

かんたんチャットを導入すると24時間365日多言語対応まで一括サポートしてくれるのでメリットに感じている企業も多いです。そこでかんたんチャットはどのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

リアルタイムでやり取りをする事が可能

企業と顧客がコミニケーションを取る時に電話やメールを利用してしまうと問題が生じてしまう事があります。

電話でコミニケーションを取る時は繋がらない事もあるので中にはイライラしてしまう人もいます。

またメールでコミニケーションを取る時も即時性という点では疑問が残ってしまいます。

しかしかんたんチャットを導入するとチャットシステムを利用する事が出来るので企業と顧客がリアルタイムでコミニケーションを取る事が出来ます。

それにより何か問題が発生した時も早期解決をする事が出来るのでメリットになります。

場所と時間を選ばないでやり取りする事が出来る

企業と顧客がコミニケーションを取る時に電話やメールを利用するとお互いの都合の良い時間が異なるのですぐにやり取りをする事が出来ない場合もあります。

しかしかんたんチャットはパソコンだけでなくスマホやLINEにも対応しているので場所と時間を選ばないで企業と顧客がやり取りする事が出来ます。

それによりすぐやり取りする事が出来るようになるのでお互いメリットになります。

特に何か問題が発生した時は早めにコミニケーションを取りたいものなので時間を選ばないで企業と顧客がやり取りする事が出来るかんたんチャットを導入するとすごく便利です。

かんたんチャットの特徴はメリットになる点が多いので導入する事を検討してみるといいでしょう。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

Zendesk Chat

サイト内での行動を可視化!

サイト訪問者の閲覧行動を取得し、受注確度の高い見込み顧客を見極めます。

参考価格
初期費用 お問い合わせ
月額費用 $14~$55

※プランによって異なる

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
Zendesk Chat
複数のデバイスを切り替えも1か所で対応可能!

サポートを必要としているカスタマーに対してリアルタイムでお待たせすることなくサポートできるので顧客満足度の向上につながります。
PC、タブレット、スマホなどカスタマーが複数のデバイスを切り替えても1か所で対応可能なので、一度に複数のチャットを処理できます。