WEBチャットシステムの口コミ・評判 > チャットシステム一覧 > コンタクトセンターの導入事例について

コンタクトセンターの導入事例について

チャットシステムおすすめ3社


多様化、高度化する顧客のニーズに対応していくために新しいテクノロジーを導入している企業が増えてきていています。

特にりらいあコミュニケーションズのコンタクトセンターを導入している傾向が目立っています。

コンタクトセンターはライブチャット機能が搭載されているのでリアルタイムの顧客対応を実現する事が可能になっています。

また緊急事態が発生した時に適格な対応をする事が出来るのでお客様の負担が軽減されます。

そこでコンタクトセンターはどのような事例で導入されているのか見ていく事にしましょう。

国政調査に関する問合せ業務

国勢調査に関するコールセンターを官公庁に設置するのは初めてですが、コンタクトセンターは均一な品質になっているので安定したコールセンター運営が実現出来ています。

座席数が大幅に変わった時にコンタクトセンターを導入した事で人員配置を柔軟に対応する事が出来たので成果となっています。

しかし導入するのが初めてでしたのでノウハウが不十分という点が課題として残っています。

今後は国政調査に関する問合せ業務にコンタクトセンターを導入する時はノウハウをしっかり身に付ける事が大切になってきます。

個人番号カード交付事務業務

地方自治体では個人番号カード交付事務業務のためにコンタクトセンターを導入しています。

コンタクトセンターを導入した事で個人番号カードを正確に支給する事が出来るようになったので自治体の負担が軽減されたのが成果となっています。

また個人番号カードを正確に支給する事が出来るようになったので顧客の満足度が高まったのも成果となっています。

しかし個人番号は特定機密情報なので漏洩しないように管理していかなければいけません。

それによりセキュリティーなどの安全対策が課題となっています。

今後は個人番号カード交付事務業務のためにコンタクトセンターを導入する時に安全面の強化をしていく事が大切になってきます。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。