CScloud(シーエスクラウド)

チャットシステムおすすめ3社


LINEやFacebookといったSNSが浸透してきたことで、それを利用したWebチャットシステムを活用する企業も増えてきています。

ここでは数あるWebチャットシステムの中からCScloudの特徴やメリットについてご紹介します。

CScloudの特徴について

CScloudは企業向けのLINEアカウント(LINE@)を利用して問い合わせやサポートといった顧客対応を自動化するサービスです。

顧客からの問い合わせがシナリオ対応か有人対応かどうかを自動応答機能により振り分けることが出来るため、カスタマーサービスにかかる費用を抑えつつ迅速な回答を提供することができます。

顧客とのやり取りをチームで共有・管理できることから、二重対応や返信漏れも防ぐことが可能です。

また居住地域や年齢、性別などといった顧客情報を自由に管理することで特定の顧客をターゲットにした情報配信を行うことができるセグメンテーション機能もあります

メリットについて

企業側のメリットとしては顧客対応の手間が省けることから人件費を削減出来ることやセグメント配信可能なことから効果的なプロモーション効果を得られることなどが挙げられます。

また顧客からの問い合わせに迅速かつ的確に対応できることから成約数アップも期待できます。

顧客側のメリットには問い合わせに対する回答が早いことやセグメント配信により自分に必要な情報を効率的に得られることなどがあります。

企業のホームページや問い合わせ窓口などに問い合わせするのは待ち時間が長くかかる印象があり面倒だと思う人も多いですが、LINEであれば普段利用している人も多く馴染みがあるため手軽に利用しやすいというメリットもあります。

このようにCScloudは企業側にも顧客側にもメリットが多いWebチャットシステムであるため、新聞やニュースなどのメディア媒体にも数多く掲載されています。

またブログでは実務的な情報や働く人の悩みや問題解決に直結する現実的な情報なども掲載されていますので、気になる方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。