Slack(スラック)


ビジネスの場では情報共有は仕事を円滑に進めていくために非常に重要なことですが、メールを転送したり電話で内容を伝えるのには時間がかかります。

仕事をよりスムーズに行うためには情報を一元化する必要があり、Slackはあらゆるコミュニケーションを集約できるツールとして知られています。

ここではSlackの特徴やメリットについてご紹介します。

Slackの特徴について

Slackはメッセージやアプリ、ファイルなどあらゆるコミュニケーションを集約し一元化することができるシステムです。

具体的にはチームやプロジェクト、顧客など様々なカテゴリ別にチャンネルを設定でき、メッセージ履歴を検索することも可能ですので過去の背景を知りたい時にも役立ちます。

直接音声やビデオ通話ができ画面を共有することも可能で、PDFや画像、動画などのファイルを直接ドラッグすることで進捗状況のアーカイブの作成も容易にできます。

メリットについて

情報が一元化されていない場合は情報提供するためにメールを送ったり電話をかけたりといった業務が増えることになり、それが複数件あると時間も余分にかかります。

Slackを使っていればそうした情報共有にかかる時間を省くことができるため、他の業務に時間を回すことができ仕事を円滑に進めることが可能です。

またメールでは長いやりとりになりがちですが、Slackならチャンネルへの参加・退出を必要に応じて自由に行うことができるため業務の効率化にも役立っています。

このようにSlackは様々な情報を集約できることから仕事をよりスムーズに進めることが可能なシステムで、業界標準よりもさらに上のセキュリティ対策を行っていますので安全性も高いといえます。

通常であれば有料のシステムですが無料で体験することもできますので、気になる方はまず無料版で試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

チャットプラス

無料トライアルあり!

LINE@やGoogleアナリティクスなどの有名他社サービスともシームレスに連携が可能。 無料トライアルもあります。

導入実績企業
・森永製菓株式会社
・島村楽器株式会社
・センチュリー21
・グッドホーム
・株式会社LIG
・株式会社シルバーライフ など
ChatPlus
簡単なタグを埋め込むだけでユーザー様とリアルタイムで会話できるサービス

最短4分でチャットを始められ、すぐにご利用可能です。
外部サービスへのAPI連携も可能。IPアドレスやブラウザ情報をもとに相手がどの企業からアクセスしてきたか、自動判別できマーケティングにも最適です。
国産なのでお問い合わせや追加開発もできます。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

導入実績企業
※導入実績の紹介なし
AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

導入実績企業
・再春館製薬所
・東京スター銀行
・モンテローザ
・千趣会 など
スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。