TAGS

チャットシステムおすすめ3社


高いセキュリティのWebチャットシステムは安心感は大きいですが値段が高いシステムも多いため、経費削減を掲げている企業には痛手となります。

経費は削減したいけどセキュリティは高いシステムが良いという場合には業界最安値とされているTAGSがおすすめです。

ここではTAGSの特徴やメリットについてご紹介します。

TAGSの特徴について

TAGSは社内コミュニケーションやファイル共有、スケジュール管理などあらゆる業務をスマートに行うことができるビジネスチャットサービスです。

高いセキュリティと優れた可用性を持ち合わせており、3段階に暗号化されたセキュリティは大手新聞社や金融機関からも支持を得ています。

API/BOTでの連携により法人向けサービスやITサービス、ソーシャルメディア、グループウェアなど様々なシステムとタッグを組むことができるため、ヘルプデスクや営業などの現場にも役立ちます

オリジナルで作成した独自スタンプを使用することができますし、対応ユーザーのプロフィールやオンライン/オフラインの確認も容易にすることができます。

またメッセージの種類や時間帯/曜日別のメッセージ数などを一目で把握できるダッシュボードもあり、企業のセキュリティポリシーに合わせたユーザー管理が可能です。

メリットについて

セキュリティはスマートフォン(キャッシュの暗号化)、SSL通信(通信の暗号化)、サーバ(DBの暗号化)という3段階となっているため情報漏洩のリスクが極めて少ないといえます。

金融機関やメーカー、メディア、医療、教育
、店舗などの豊富な活用実績があることから高い安心感があります。

多言語対応(日本語、英語、韓国語)であるため海外ユーザーとのチャットもスムーズに行うことができます。

利用料金は毎月180円(30ID~)となっており続けやすい価格設定となっています。

このようにTAGSは高セキュリティと高可用性、低コストといった要素を持ち合わせている法人向けに特化したチャットシステムといえます。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。