WEBチャットシステムの口コミ・評判・比較 > チャットシステム一覧 > AIを活用して作業効率化!「Proactive AI」とは?

AIを活用して作業効率化!「Proactive AI」とは?


近年、ますます精度が上がっているAIは、人件費削減や作業効率化に欠かせない存在になりつつあります。
企業のサービス向上に効果的なAIサービス「Proactive AI」をご紹介します。

Proactive AIとは?

Proactive AIは、チャットボット型接客ツールです。
例えばネットショップに導入すれば、実店舗における店員と客のやりとりのように、ユーザーが「○○が欲しいのですが、置いてますか?」と尋ねAIが答えるといったWEB接客が可能になります。
自動回答サービスのため、企業で担当者を設置し、逐一顧客対応する必要がありません。

AIだからこそのメリット

Proactive AIでは、蓄積された膨大なデータから訪問者の行動を予測し、先回りして声をかける「プロアクティブサポート」を行います。
「あのユーザーはこの商品を探しているだろう」と予想し、プレゼンテーションすることで、「購入しようと思っていたアイテムをサイト上で見つけられないから、もういいや」と離脱してしまうユーザーを留まらせることができるようになります。
「欲しいものが見つからない」という、ユーザーにとってのストレスの種を絶ち、スムーズなショッピングをサポートします。

Proactive AIは対話型商品検索も可能

商品を検索するとき「シャツ」と検索するだけでは、多くのデータがヒットしてしまいます。
こちらも、目当ての商品にたどり着くまでに時間がかかって購入をあきらめてしまう原因になりかねません。
対話型商品検索に対応したProactive AIは「夏用のワイシャツを探している」、「デートにぴったりのフェミニンなシャツが欲しい」など、まさに店員に話しかけるような自然な対話の中で、ユーザーに満足いただける商品を提案します。

まとめ

AIは、日に日に精度があがっていき、以前なら難しかった対応もスムーズに叶えられるように変化しています。
インターネット上で、担当者がいない中でも最適な対応をしてくれるAIの存在は、今後ますます大きなものになりそうですね。

関連記事

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

チャットプラス

無料トライアルあり!

LINE@やGoogleアナリティクスなどの有名他社サービスともシームレスに連携が可能。 無料トライアルもあります。

導入実績企業
・森永製菓株式会社
・島村楽器株式会社
・センチュリー21
・グッドホーム
・株式会社LIG
・株式会社シルバーライフ など
ChatPlus
簡単なタグを埋め込むだけでユーザー様とリアルタイムで会話できるサービス

最短4分でチャットを始められ、すぐにご利用可能です。
外部サービスへのAPI連携も可能。IPアドレスやブラウザ情報をもとに相手がどの企業からアクセスしてきたか、自動判別できマーケティングにも最適です。
国産なのでお問い合わせや追加開発もできます。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

導入実績企業
※導入実績の紹介なし
AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

導入実績企業
・再春館製薬所
・東京スター銀行
・モンテローザ
・千趣会 など
スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。