WEBチャットシステムの口コミ・評判・比較 > 初めての方へ > チャットシステムを導入すると費用対効果が高まる

チャットシステムを導入すると費用対効果が高まる


Webを利用したビジネス展開で重要になってくるのが、顧客をいかにコンバーションできるか?ということです。
そこで導入されるのがチャットシステムです。
チャットシステムを導入することでweb上での接客で、顧客獲得や商品購入に結び付けることが可能です。
ここではチャットシステムの導入で得られる費用対効果についてまとめてみましょう。

チャットシステムはどれくらいの費用、コストがかかるの?

Web接客サービスの1つであるチャットシステムには、サイト担当者がWebを訪れたユーザーとチャットで接客するタイプのサービスです。
個人事業主、小規模EC、スタートアップ、SOHO向けのシンプルなサービス、コースなどが月額1000円程度で利用できます。

さらに本格的なサポート体制、管理機能がある場合では月額で5000~15000円程度になるでしょう。
それぞれのチャットシステムの製品や、利用するタイプやコースによっても価格は言動します。

チャットシステムの費用は用途や利用するサービス、企業の規模によって様々ですが、コストをかけて導入する企業が増えています。
チャットサポートを導入することで、Webに訪れるお客さんと直接接点を結ぶことができるので。

チャットシステムは費用を払ってでも導入するメリットがたくさんあります。
まずは即効性の高いサポートを提供できるという点です。
リアルタイムにレスポンスのよいサポートを提供できるので、顧客の購買意欲を高めることにつながるでしょう。

チャットシステムの費用対効果はよい

チャットシステムの費用はメールサポートよりもコストは割高で、電話サポートよりはコストが安いのが一般的です。

メール担当者は対応する実時間の拘束が発生しますが、電話よりも対応時間を柔軟に設定できるので、サポートセンター設備をおさえることができます。

チャットシステムを導入して効率的にサポートができる状態になれば、費用対効果は非常に高いツールと言えるでしょう。

関連記事

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

チャットプラス

無料トライアルあり!

LINE@やGoogleアナリティクスなどの有名他社サービスともシームレスに連携が可能。 無料トライアルもあります。

導入実績企業
・森永製菓株式会社
・島村楽器株式会社
・センチュリー21
・グッドホーム
・株式会社LIG
・株式会社シルバーライフ など
ChatPlus
簡単なタグを埋め込むだけでユーザー様とリアルタイムで会話できるサービス

最短4分でチャットを始められ、すぐにご利用可能です。
外部サービスへのAPI連携も可能。IPアドレスやブラウザ情報をもとに相手がどの企業からアクセスしてきたか、自動判別できマーケティングにも最適です。
国産なのでお問い合わせや追加開発もできます。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

導入実績企業
※導入実績の紹介なし
AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

導入実績企業
・再春館製薬所
・東京スター銀行
・モンテローザ
・千趣会 など
スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。