WEBチャットシステムの口コミ・評判 > 初めての方へ > 企業のブランディング化にはチャットシステムが欠かせない?!

企業のブランディング化にはチャットシステムが欠かせない?!

チャットシステムおすすめ3社


チャットシステムを導入する企業が増えていますが、このチャットシステムを導入することが企業のブランディング化に役立つと言われています。
ここでは企業のブランディング化に欠かせないチャットシステムについて、チャットシステムがもたらす効果についてまとめてみましょう。

企業のブランディング化とは?

企業ブランディングとは、企業経営において企業のブランドを戦略的に高める施策や方策のことを言います。
特に社会において企業の信頼を高めていく施策を企業ブランディングと呼んでいます。

この企業ブランディング化にチャットシステムがもたらす効果は大きいと言われています。

企業のブランディング化に対するチャットシステムの効果とは?

多くの企業で導入が進められているチャットシステムですが、企業のブランディング化に際してもチャットシステムは非常に重要であると考えられています。

まずチャットシステムを導入することで、新規のお客さんの獲得が可能です。

顧客ターゲット層の拡大にともない、若年層から主婦層、高齢層まで連絡をもらえるので、今まで電話やメールではコンタクトできなかったユーザーからの気軽な問い合わせや質問にも対応できるようになります。

またチャットシステムを導入することで、お客さんの利便性、満足度が向上します。
このことが企業としての信頼力を高める結果になります。

以前であれば、質問に対して電話や回答に時間を要するメールが使用されていましたが、チャットシステムを導入することで分かりやすさや回答スピードが大幅に向上します。
ユーザーが気軽に利用できるチャットシステムを導入すれば、新たな顧客とのコミュニケーションを可能にしてくれます。

また顧客の利便性向上にはチャットシステムは必要不可欠であり、チャットシステムによって企業がより身近な存在になるでしょう。

チャットシステムを活用することによって得られる企業として成長は?

チャットシステムを活用すれば、既存顧客のリピート数増、囲い込みが可能で新規顧客の獲得、売り上げ向上につながります。

また企業全体でお客さんの声を活用できるため、企業力の向上にもつながります。

さらには効率的&品質のよいお客様対応、センター運用が可能なため、オペレーター採用難の解消と、離職率の低下、さらには人件費削減にも効果的です。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。