WEBチャットシステムの口コミ・評判 > 初めての方へ > 導入前に知らなきゃ損!チャットシステムのメリット・デメリット

導入前に知らなきゃ損!チャットシステムのメリット・デメリット

チャットシステムおすすめ3社


多くの企業・サービスで導入されているチャットシステムですが、もちろんメリットとデメリットが存在します。
導入を検討している際には、それぞれの特徴をよく理解しておきましょう。

メリット1:作業効率化を狙える

チャットシステムには、自動返信機能が搭載されています。
シンプルなやりとりであれば、チャットシステムに任せてしまえば細々とした作業を行う必要がなくなります。
従業員それぞれが自分の仕事に集中できる時間が増え、作業の効率化や、人件費の削減にもつながります。

メリット2:業績アップを狙える

リアルタイムで反応が返ってくるチャットシステムを導入することで、ユーザーの疑問や「こんな商品が欲しい」という要望がスムーズに解決し、業績アップにつながります。
ユーザーにとって「分からない」、「面倒だ」と感じる点が解決されることで、能動的にサービスを利用でき、制約率が上がるのです。

デメリット1:導入するまでにコストや時間がかかる

チャットシステムを導入するまでには、時間や費用がかかります。
特にコストの面では、導入費のほかにランニングコストなども発生するため、負担が大きく感じられることもあるでしょう。
「今すぐにチャットシステムを導入しよう!」と動き出せない場合も少なくありません。

デメリット2:精度が良くない場合もある

システムによっては、受け答えの精度が悪く、ユーザーが本当に知りたい情報にたどり着くまでに時間がかかってしまいます。
これは、どういったシステムを利用するか、またチャットシステムの運営会社にどのような技術があるかによっても変わります。
システム導入後もこまめにユーザーの反応をチェックし、また新たなシステムが誕生したときにはアップデートや乗り換えを検討するなど、情報収集を繰り返す必要があります。

まとめ

チャットシステムのメリット・デメリットをよく知っておくことで、導入後のトラブルも避けやすくなります。
導入を検討しているときには特に、さまざまな意見を収集し、参考にしてください。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。