WEBチャットシステムの口コミ・評判 > 導入事例 > 欧州の銀行で大活躍!チャットボットの銀行における活用事例

欧州の銀行で大活躍!チャットボットの銀行における活用事例


毎日多くの人が利用し、業務の内容も多岐に渡る銀行で、チャットボットを利用した取り組みが話題を集めています。
欧州における導入事例や、チャットボットができることについてチェックしていきましょう。

銀行での導入事例とは?

AIの発展がめざましい欧州の諸国においては、利用者が多く、かつ業務に正確性を求められる銀行でチャットボットが活躍しています。
例えば、アメリカでは人工知能と予想分析によって、ユーザーのお金の悩みに寄り添ってくれるAI「エリカ(Erica)」が、銀行の業務を一部担っています。
さらに、スウェーデンでは、「ニナ(Nina)」がAIでありながらとても高い確率でユーザーの悩み解決に貢献しています。
彼女たちの活躍によって、AIの精度が銀行の一従業員として十分なレベルに達していることが証明されました。

チャットボットが銀行でできることは?

チャットボットにできることは、問い合わせや相談の回答だけではありません。
AIによっては、ローンの返済などはもちろん、国をまたいだ送金サービスなども請け負ってくれます。
また、口座状況照会などもチャットアプリで行えるようになれば、利用時間内に慌てて銀行に駆け込む必要もなくなり、ユーザーにとってうれしい存在となるでしょう。

チャットボットで、銀行の今後は変わる?

チャットボットの普及により、ユーザーにとってサービスが使いやすくなるだけでなく、従業員にとっても業務の一部を委託し効率化できるというメリットがあります。
そのため、欧州ではこうしたチャットボットの導入事例が増えているのです。
さらに、日本でも大手銀行が導入しはじめているため、今後の銀行業務においてチャットボットはメジャーな存在となるかもしれませんね。

まとめ

人間がお金にまつわる悩みに頭を抱えることは、この先も続いていくのでしょう。
老若男女が利用する銀行だからこそ、優秀なチャットボットがなくてはならない存在になる将来は、すぐそこまで迫っているのかもしれません。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

Zendesk Chat

サイト内での行動を可視化!

サイト訪問者の閲覧行動を取得し、受注確度の高い見込み顧客を見極めます。

参考価格
初期費用 お問い合わせ
月額費用 $14~$55

※プランによって異なる

機能比較
チャット基本機能 マルチテナント
管理・運用機能
カスタマイズ機能 LINE連携
BOT AI 連携
Zendesk Chat
複数のデバイスを切り替えも1か所で対応可能!

サポートを必要としているカスタマーに対してリアルタイムでお待たせすることなくサポートできるので顧客満足度の向上につながります。
PC、タブレット、スマホなどカスタマーが複数のデバイスを切り替えても1か所で対応可能なので、一度に複数のチャットを処理できます。