WEBチャットシステムの口コミ・評判 > 導入事例 > ベドアを導入する2つのメリット

ベドアを導入する2つのメリット

チャットシステムおすすめ3社


接客をしている時に人が直接行うと時間が制限されてしまうので客にとって不都合になってしまう事もあります。

それで客に満足してもらうために最近ではベドアというAIカスタマーサービスソリューションを導入していろいろな状況で対応する事が出来るような状態を作り上げていく企業が増えてきています。

ベドアを導入するとWEB、メール、チャットなどを無人で行う事が出来るので客の都合に合わせていく事も可能になります。

そこでベドアを導入するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

24時間365日対応する事が可能になる

人間が接客業務をしている場合は営業時間外になると無人になってしまうので、来客があっても対応する事が出来なくなります。

しかし客によっては営業時間外にしか来られず、その間に対応してもらわないと困るという人もいます。

どうしようもないことなのですが、客にとっては後日クレームを入れてくる事もあります。

しかしベドアにはAI機能が搭載されているので、導入すると24時間365日対応が可能になります。

営業時間外で無人になってもAI機能で対応してくれるので、すぐに対応してほしいという客の要望にも応じる事が出来るようになります。

最先端の人工知能技術を持っている

AIカスタマーサービスソリューションはAI機能が搭載されていますが、メーカーによって人工知能技術の質が異なってきます。

まだそれほど浸透しているわけではないのでメーカーによっては質があまり高くない事もあります。

結果、導入していても不具合が出てしまったりする事があります。

しかしベドアは最先端の人工知能技術を持っているAI機能が搭載されているのでそういった不具合がほとんどありません。

過去の対話データを用いて訓練していくと回答の精度を高めていくので、無人の時でも問題なく顧客対応ができます。

またべドアは低コストで導入可能なのでコスト削減をする事もできてしまいます。

チャットシステムならスマートエムトーク

スマートエムトークのチャットシステムは、PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。

既存のシステムはもちろんのこと、最近ではマーケティングをする上で企業も無視できない存在となっているLINEとも連携が可能です。

運用方法によってカスタマイズができるので、運用、業務の効率向上を実現します。

上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。