WEBチャットシステムの口コミ・評判 > 導入事例 > チャットシステムでユーザーとの距離を縮める、メーカーにおける導入事例

チャットシステムでユーザーとの距離を縮める、メーカーにおける導入事例

チャットシステムおすすめ3社


多くの業界で利用されているチャットシステムは、各種メーカーにおいてもさまざまなメリットをもたらします。
メーカーにおけるチャットシステムの導入事例について、具体的にご紹介していきましょう。

メーカーにおけるチャットシステムの使い方

メーカーでは、お客様から製品に対するお問い合わせをもらうことも多いのではないでしょうか。
一方で、お問い合わせ担当者を配置していても、混雑時や営業時間外など電話のつながらない時間帯ができてしまう可能性は否めません。
だからと言って、メールでいただいたお問い合わせに対し返信が遅くなってしまうのも、お客様の不信感につながりかねません。
打ち込んだ内容に対しリアルタイムで返信がくるチャットシステムは、24時間365日体制でスピーディな問い合わせを叶えることができます。

自動返信システムを利用して満足度向上

よくある質問や、多くのユーザーから寄せられる問い合わせには、事前にQ&Aのパターンを登録しておくことで自動返信が可能になります。
これにより、オペレーターが対応できない時間でもお客様を待たせることがなくなるほか、スムーズな問題解決により少ない時間で多くのお客様の対応が可能になります。
時間という面でも、人件費などのコストという面でも、削減しながら効率的な対応ができるようになります。

業績アップを後押しする

メーカーのサイトやサービスに訪問したユーザーは、一人ひとり「これが欲しい」「これを使ってみたい」などの要望を抱いているはずです。
しかし、サイトやサービスの見方が分からない場合や、知りたい情報にアプローチできなかった場合には「まあいいや」と、途中でやめてしまう場合も少なくありません。
チャットを活用して気軽に問い合わせることができれば、ユーザーの「欲しい」「気になる」が「購入しよう」「利用しよう」という意思へ結びつきやすくなるのです。

まとめ

メーカーでは、消費者のリアルな声を耳にする機会が限られている場合もあるのではないでしょうか。
チャットシステムを利用することで、ユーザーの声を取り入れた高品質な製品の実現にもつながるかもしれませんね。

C h a t s y s t e m R e c o m m e n d e d 3 c o m p a n i e s
最新版!チャットシステムおすすめ3社

1位

sinclo(シンクロ)

無料トライアルあり!

次世代型チャットツールで実店舗のような接客が可能。 無料トライアルもあります。

参考価格
初期費用 無料
月額費用 ¥5,800~¥15,400

※プランによって異なる

sinclo
特許取得の次世代型チャットツール

100%自社開発(国産)の次世代型チャットサポートツールです。
サイト訪問者の"今"に合わせて最適な話しかけ(オートメッセージ機能)を行えて、よくある質問や資料請求などはチャットボットによる自動化も可能です。
ブラウザ同期やドキュメント共有も可能であらゆるニーズに対応しています。

2位

AI.BiS(アイビス)

リアルタイムに顧客を結びつける!

誰がサイトを訪問し、どのページを閲覧しているか、再訪問した顧客であっても実際に確認できます。

参考価格
初期費用 0円
月額費用 100,000円~/3ID分

※2016年10月末時点での価格です。

AI.BiSの特長
AI.BiS(アイビス)で、見込み顧客を獲得!

オペレータ不要の24時間自動で対応するAIチャットボットによってウェブサイト上で営業活動を行います。
大口の見込み顧客をIPアドレスから取得しオペレーターへの表示を可能にしています。
見込み顧客に対して能動的に話しかけることができるチャットツールにより今まで見逃していた新たな見込み顧客の発掘も実現させます。

3位

SmartMTalk(スマートエムトーク)

国内大手企業導入実績No.1!

運用管理・モニタリング・レポーティングなどコンタクトセンター運用に必要な機能が充実しています。

参考価格
初期費用 500,000円~
月額費用 200,000円~/4席

※専用クラウドの場合

スマートエムトークの特長
LINEとも連携が可能!

PC、スマホ、タブレットでいつでもどこからでもコンタクトが可能で、どのデバイスを使用しても操作性に優れた画面になっています。
既存システムはもちろんのこと、LINEとも連携が可能。運用方法によってカスタマイズでき、センターにあった運用、業務の効率向上を実現します。
上場企業の導入実績も多数あり、コンタクトセンター用に作られ、運用現場の声を取り入れているので使いやすさに定評があります。